よくある質問

放課後デイサービス・児童発達支援のご利用について

放課後等デイサービスとはなんですか?
障がいのある6~18歳までの児童・生徒が、放課後や長期休暇などに通所する施設です。専門のスタッフが子どもたちに寄り添い、遊びや学習などを通じて心身の発達をサポートします。
詳しくは放課後等デイサービスをご覧ください。
児童発達支援とは何をするところですか?
障がいのある小学校入学前の6歳までの幼児が対象の福祉サービスを提供します。児童福祉法に基づいた施設で、遊びなどを通じて社会性を育み、集団生活の適応などを支援します。
利用日数に決まりはありますか?
居住地の自治体の福祉課や福祉事務所によって異なります。各自治体独自の運営になり、幼児や児童・生徒の障がいの程度にもよります。詳細は各自治体の福祉課などにお問い合わせください。
対象年齢を教えてください
放課後等デイサービスは、原則就学児の6歳から18歳までです。例外的に一定の条件を満たせば20歳まで可能です。大学や社会人の年齢となる18歳を超えると、障がい者支援施設や自立訓練施設などでの支援対象になります。児童発達支援は6歳までの未就学児のお子様がご利用いただけます。
受給者証とは何ですか?
居住地の市町村の自治体が交付する福祉サービスを受けるための証明書です。障がいの程度によって、受けられる福祉サービスの種類、日数や時間数などの支給量も記しています。療育手帳は障がいの名称や程度を明記したもので、交付は都道府県です。混同しないようご注意ください。

なかま塾のサービスについて

送迎はありますか?

なかま塾では、送迎を行っています。希望する方は事前にご相談ください。

詳しくはこちら

子どもがアレルギーを持ってますが、食事は大丈夫ですか?
アレルギー対応のおやつ・食事は対応しております。申し込み時に必ずお子さまの状況を正確にお伝えください。
学校がお休みの日でも利用できますか?
長期休暇中および振替休日で学校が休校の場合、最大7:30-21:00までご利用いただけます。 警報発令による休校の場合、基本的にはご利用いただける体制を整えます。ただし、状況によってはなかま塾をクローズする場合がございます。
学級閉鎖の場合、学級閉鎖の状況により対応を判断いたします。
必ず運動しなければいけませんか?
運動の時間を設けていますが、必ずしもみんなと一緒に外で体を動かすよう強制はしません。子どもの状況を注視しながら、体調や気分に合わせて、室内で過ごしたり、見学したり、そのときのよりベストな療育方法を選択しています。
いつから利用開始でしょうか?
学期制ではないので、いつでも可能です。利用開始日はご相談ください。